Rss

ギリシャの神殿

ギリシャ神話は、古代ギリシャより伝承されている物語で、非常にユニークで人間的な内容を持っています。

01

古代ギリシャは、非常に短い期間で文明が急速に発展し、周辺の文明へも大きく影響を与えました。
現代では、ギリシャ神話の神を信仰する直接の宗教はありませんが、キリスト教神学などをはじめさまざまなところへ影響を与えているとされます。

原典には、『イーリアス』、『オデュッセイア』、『神統記』などがあります。
ギリシャ神話に登場する神たちは、いずれも強い個性を個性を持っており、人間のような喜怒哀楽の感情を持っています。そのため、神々同士のドロドロした争いごとが物語にも登場しています。このような特徴から、文書に残らない時代から口承によって伝えられてきました。その後、長編叙事詩として文書に残り現代まで残されているのです。

ギリシャ神話の人間的な物語の数々は、その特徴から絵画や彫刻といったさまざまな形で表現されることとなり、後の時代に強い影響を与えていることが分かります。西洋の絵画は、どこの国も似たような世界観を持っているように見えるのは、そのモチーフとしてギリシャ神話が使われているためです。

パルテノン神殿

ギリシャで最も有名な遺跡にパルテノン神殿があります。パルテノン神殿は、紀元前448年前ギリシャ神話に登場する女神アテーナーを祀るために造られました。もしもギリシャへ旅行することがあれば、ギリシャ神話を身体で感じるこの神殿に是非いってみるのがおすすめです。

アクセス方法としては地下鉄が便利。アクロポリス駅で降りるとデュオニュソス劇場、エレクティオンなど有名な遺跡が多くあるところが目に飛び込んでくるので大変わかりやすいです。